Nostalgic(?) Stack!

This has 83 different functions - 84 if you want to write the diary.

ザ・ホワイトハウス

今シーズンも相変わらず脚本(特に会話)が良い。
パーティ会場のCJとチャーリー、ロシア大使の締めの一言、そしてラストのCJと大統領などなど。今回はテーマは相手を過小評価しすぎてはいかん、てことですかね。しかし、ジョシュが切手の件で心変わりしたきっかけがよくわからん。とは言っても、今回一番良かったのはドナの「ヤッター」だったりするのだが。
そういえば本国では第4シーズンで脚本家兼プロデューサーのアーロン・ソーキンが降板してたそうで。とりあえずNHKは視聴率は気にせず全シーズン放映するように。
今週の名言
大統領「ついさっきまでつくっていた音楽をクラシック音楽とは言えんだろう。」